夢上海。
MENG SHANG HAI.
JN's life in this smokey city.
(twitter垂れ流し以外の更新はCATEGORYから)


| ABOUT ME  COMMENT  BOOKMARK  WHAT'S NEW
CALENDAR  CATEGORY  LOG  OTHERS  MUSIC etc.
10年。
パソコンのデータを整理していたら、
当時日記サイトをやっていたおかげで、
なんと10年前の今日何をしていたかわかった。

「あの日」といえば自分でも、
あの鳥のさえずり、
永遠に来てほしくなかった朝。
冷静に振る舞うこと。
その全てを克明に思い出せる。
「あの日」が10年前だったのだ。

10年で何もかもが変わった。

私は生活のベースが上海になり、
学生から社会人(そして管理職)になり、
親は、じゅう、歳が増えて、
病気がちになった。

周りの友人たちは、
結婚したり(そして離婚したり)
子どもができたり
1人から複数に単位が変わる一方で、
相変わらず飲んだくれたり
夜に生きていたりしている。

新しく知った人は1000人はいるだろうし、
10年で一度も連絡をとらなかった人もいる。

だけれども10年では何も変わらない。

ギリギリにならないとやらない性格や
気づけば1日が終わるくらい怠惰な生活態度。
そして恋愛(と、恋愛の仕方)。

今「あの日」が来ても、
きっと同じくらい朝が来てほしくないと思うだろうし
なぜか冷静になってしまうだろうし
泣いてしまう瞬間が来るだろう。

そんな10年。
| 01:27 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
涼しかった。
夏から秋になる、この季節の朝や夜、

もっといえばあと1カ月くらいするとさらに良い。



空気がからっとし始め、

毎日違和感を感じているうちに、

あっという間に寒くなる。



風景に例えると35.674733,139.520787。

音楽に例えるとこんな感じ。



私は何回生まれ変わっても何回でも同じ道をたどるのだろうな。



これは友達から秋冬用だよと渡されたMIXに入っていて、

それからChimp Beamsを色々聴いているけど、結局この秋感がすごい。
JUGEMテーマ:日記・一般


| 02:14 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
30歳になりました。
皆様、コメント、メッセージ、SMSなどなど、ありがとうございました。

去年X JAPANを聴きながら29歳を迎えたら、
29歳のうちにX JAPANをナマで聴けたりYOSHIKIさんと話せたりしたので、
今年は腹筋をして迎えました。
きっと30歳はムキムキ!

20歳過ぎたくらいの時から
「誕生日は親に感謝する日であって、私は別にめでたくない」と思っていました。
でも今年の誕生日はなんだか1日中、笑っていた気がします。
「今日は私の日だーー!!」って、年甲斐もなく思いながら1日過ごしました。

会社では2度もバレバレのサプライズがあり、
営業マンから謎のネックレスのプレゼント(どうしようコレ)、
編集アシからは某アーティストのサイン入りポスター(どうしようコレ)、
その他いろんな方にいろんなものをいただきました。
ありがとうございました。素直に素直にうれしかったです。
「おめでとう」っていわれるたびに引きつっていたのはテレ笑いです。
夜は夜でヘルシーなもの!とのオーダーに俺の厨房で誕生日ごはんを満喫。
そして誕生日の締めは、ヒップホッパー並みに親に感謝しながら終了。
やっぱり329→330になるのが、少し寂しかったです。

本当は20代の10年を振り返って、
30代に向けて何か抱負でも書こうと思っていました。

29の中途半端さが嫌いで、去年は年齢を聞かれたら30歳と言っていました。
1週間前くらいまでどんなもんかなと思っていたけれども、
なんだかいろんな人からいろんな話を聞いていたらどうでもよくなりました。

だって私は私で変わるわけがない。
20代の10年も、仕事してるか恋してるか、だったし、
狠かの影響を大いに受けながら、最後は誰に止められても自分が信じた道を行く
的な性格も、この先も変わらないと思います。

だから30代に向けて意識的に変わろうとするのはやめました。

整理整頓くらいはちゃんとしたいです。
ダイエットも残り5ヶ月がんばります。
10年先、1年先、1ヶ月先、先を視野に入れながら足元を見て
楽しく遊んで楽しく仕事して、
親に感謝し友人にリスペクトして
ドープでイルな毎日を過ごしていきたいと思います。イェ。
| 00:14 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の記憶


冬が長い上海にも、ようやく春が来た。

と思えるほどのあたたかな日。

毎年春になると、思い出す日がある。




香水はANNASUIのSUI LOVE。

音楽はミシェルブランチのYou got me。

情景は東横線の車窓。

あれは確か大学の友達と中華街に行った帰り道だった。

こんな春の日だった。


失恋した直後だったと思う。

恋愛至上主義という言葉が流行っていて、

まさにそんな恋愛だったので、

突然ふられて、心がからっぽになっていた。

おだやかな春の日に女友達とでかけたら、

心から笑顔になれた。


帰りに一人になって音楽を聞きながら

ふっきれた、と思った。

その人のことは

そのあととくに思い出すこともなかった。

友達は今でもつながっている。


でも中華街からうちに帰るのは京浜東北のはずなので

どっかで記憶が違っているのかもしれない。


でもやっぱり春になると1回はミシェルブランチが聞きたくなるし、

SUI LOVEの香りですぐにあのときのことが思い出せる。


ちょうど10年前の19歳の春だった。



| 17:13 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
3019粒。
一度信じたものでも、
些細なことですぐに崩れてしまうけど、
一度崩れたものは、
なかなか再び信じられるようにはならない。

でも不可能ではない。

私が信じなければ、
消えるのだし。

バカでも子どもでも
単純でもなんでも
どんなことを言われても。

可能ならいいんじゃないか。





そして、最悪な場合と最高な場合の
振り幅をできるだけ広く想定する。

攻めて、攻めて、守っている。
守って、守って、守っている。




* * * *




とかいってるけど、
ただの残業中です。
もう言葉が違うベクトルで
あふれすぎて枯れそう。
なのでできるだけ感情的なこと書いてみた。
| 00:40 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっぱ後処理だよねー(めんどくさいけど)


今年は年始めにトイデジもらったり、
iPhoneのアプリでトイカメ風にしたり、
とにかくトイ風ばっかりですが、
これ、なかなかよいです。
MacもWinもあり。

Analog Color

んなわけで寝ます。
| 03:36 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
トップだけ換えたよ
このブログはサーバーがJUGEMだから
中国からでも見られるんだけど、
もとのサイトの
www.jianing.infoが、
中国国内から見れなくなってる。
なぜwww
なんかアンチ○○なこと書いたかなwww

まあよし。

明日(ていうかもう今日か)は父の誕生日だ。
今は父が天津に駐在としているのだが、
なんとこの7月から青島駐在になるのだorz

もうけっこういい歳なんだから
会社も気を遣って日本に帰らせるか
そのままにしててくれればいいのに。
意味がわからない。

でも「もう働かなくていいんじゃない?」と
娘として言えるほどの覚悟も蓄えもない。
実際天津と上海は、何かあったら
すぐに飛んでいける距離でもない。

我が家はいつからこう、
未来が見えなくなってしまったのだろうか。


*   *   *


日本で最後に家族で住んでいた土呂のまわりの
Google地図を見て思った。

家族3人揃って住んでいたのは結局2年だけだった。
大学1年の入学直前に引っ越して、
大学2年が終わった春休みに父のすすめもあって
ひとり暮らしを始めた。

そのときは卒業までひとり暮らしして
またここに戻ってくるものだと思っていた。
ずっと家を出たいと思っていたし。

でもなんでそんなこと思ってたんだろう。

朝起きると朝食があって、
ちょっとゆっくりして出かけて
帰ってきてごはんを食べて、
一日あったことを話して、
時々父が駅で待ってくれたりして。
休みの日はお買い物してごはんを食べて、
みんなでお昼寝して。

そんな暮らしのどこに不満があったのかな。

門限もなかったし、
たまの朝帰りにも寛容だったし、
何が不満だったのかな。
2年だけだったのにいっぱい思い出がありすぎるし、
窓からの景色で、天井の高さで、においで覚えてる。

ひとり暮らし2年目に留学して、
1年後戻ってきたら親の中国赴任が決まっていた。

隣にできたジムに父が通っていたので
一緒に卓球したこととか、
体の具合が悪くなりつつある母とパスタ食べたこととか、
一緒に3人で写真とったこととかを憶えている。
あの時、なんでこんなショッピングセンターのツリーの前で
3人で写真をとるんだろう、と思ったけど。
今から考えるとあれは思い出作りだ。
冷静に考えれば、しばらく本当に一緒にいられないのは
分かっていた。
私はなぜか先が楽しみで見えていなかった。

家をひきはらった時、
ベランダのハーブたちはとっくに枯れていた。

そのときも3人一緒じゃなかった。
私は仕事のためにすでに上海にいた。

*   *   *

日本での暮らしを懐かしんでいるのは私だけだ、
と、ずっと思っていた。
このあいだ天津で、日本にいた時の話をしたら
母がぼそっと
「日本はよかったね。でももう戻れないね。」
といっていた。
「戻れないわけないじゃない」
と返事して、戻れないと気づいた。
私は日本に戻れる。
父も日本に戻れる。
母は日本に戻っても、体が弱いからあの頃のようにいろいろできないだろう。
それなら父も日本に戻らないだろう。

でも私は親不孝かもしれないけど日本に戻りたいと思っている。
いずれ日本に戻って仕事をしたいと思っているし、
このまま中国にずっといることを
一度も考えたことはない。

そろそろちゃんと話すべきなのだろう。
きっと「好きにしたらいい」といわれるけれど、
父も母も好きな場所にいてほしいし、
私も好きな場所にいたいけど、
3人で楽しく暮らしていた時間が恋しい。
どこかに3人とも楽しく暮らせる場所があるといいのに。


*   *   *


とりあえず、青島ではないと思うけど、
月末に青島に会いに行こうと思う。
| 02:52 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダウーン
instagramもすばらしいが、
中華系っぽいアプリのleme cameraもかなりすばらしい。
とくにティルトシフトモードが他のよりも自然。



撮る時の画面もカメラっぽくてかわいい。



右下のHDRモードのもの以外は、
標準モードでレンズを変えただけ。



カメラとレンズとフレームが選べる。



そして無料。
というわけでちょっと飽きてきたiPhoneの写真遊びも再燃である。


ちなみに昨日はモンパチの上海公演。
昼から具合が悪く、
今日は最高にリンパ腺が腫れてダウン。
しかもひかないんだけど。。。
明日取材あるのに。。。


| 00:58 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
きっとこれを読んでいない、誰かへ
ひとつ歳をとりました。




20代最後の歳より、
早く30代になりたいと思っていましたが、
いざ29歳という数字を見ると感慨深いものです。

社会人になったら新しい友達はできにくい、
ということを何度も何度も聞いたことがあるけれど、
私は28歳の1年で、たくさんの友達と呼べる人たちに出会えました。
本当にうれしいことです。

そして、ずっと支えてくれている
大切な人たちにも感謝しています。
いつも迷惑をかけているのに、
わがままばかり言っているのに、
あたたかく見守ってくれて、支えてくれる。
そんな人たちがいることに、とても感謝しています。

29歳になる2日前に、髪をばっさりショートにしました。
何か変わりたかったのだと思います。
過去1カ月の私は、本当に最悪でした。
地震を言い訳にして仕事から逃げて、
仕事を言い訳にしていろんなことから逃げていました。
旧正月に「あと思いっきり仕事ができるのも
そんなに長くないのだから、
100%の力を出したい」と、
飛行機の中で決めたのに。

だから、たぶん、
「私の出せる力を100%出す」
「仕事もプライベートもきちんと楽しむ」
「毎日楽しく過ごす」
今までみたいにだらだらしないように、
きっかけとして変わりたいなと思ったんだと思います。
すごく気合いを入れて美容室にいったわけでもありませんが。

今日は18時に会社の電気が消され、
ハッピバースデイのうたとともに
サプライズでケーキが運ばれてきました。
とてもうれしくてちょっとだけ泣けました。
口下手なので何もいえませんでした。
ありがとうと言っておいしくいただきました。

この先どれくらい走れるかわからないから、
20代最後の歳は、
自分が決めたことをきちんとしようと思います。
また怠けて、だらけて、だめだめな私になっていたら
どこからでも叱ってください。

29年前の今日、
苦しい思いをして産んでくれて、ありがとう。
身体に気をつけて、楽しく毎日を過ごしてください。

| 00:32 | 上海-内面の記録 | comments(4) | trackbacks(0) |
あれ?
なんかいつの間に、
ツイッターボタンがついてる?

ちなみに私のツイッターはこれです。

フォローはご自由に。

* * *

今年もよろしくお願いします。
遅すぎて(遅)とつっこむのも難しい状態ですが、
中国のメイン・旧正月はこれから(2/3)なので、
よしとします。

あ、お正月は日本でしたが
旧正月は天津です。

日本は70時間くらいしか滞在しませんでした。
それでも楽しかったです。

氷川神社のおみくじは「平」でした。
内容は「凶」なみでしたが、
ネタになりそうなので結ばずに持って帰ってきました。
ちょっと後悔してます。。。




※写真は埼玉とは関係ありません。
| 12:36 | 上海-内面の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3 | >>