2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

どうして脳は、
もっと器用に働いてくれないのだろう?

これも終わってない、
あれも終わってない、
どれも〆切りが近い、
ああああれは営業待たせてるし、
あああこれはお客さん待たせてるし、
どれも優先できなくてパニックになる。

いっこずつやればいいとかわかってるけど無理だよ。
途中で誰かがせかすから無理だよ。

仕事の他にもたくさんのことが待っている。
楽しいことも待っている。
楽しいことをする時は心がまっさらになればいいのに。
まっさらになったらもっと楽しくなれるのに、
ああああれもやらなきゃ、
あああこれもぜんぜんやってない。
まっさらになれるのなんてわずかな時だけだ。
一瞬のために悩むこともある。
86,400秒、2,592,000秒、23,328,000秒。

そうすると何もできない自分に気づいたりする

もう1ミリも何も考えたくないけど、
明日にはまた何千字という文字を書くための
ボイスレコーダーにとられた200MBくらいのmp3がぽつんとデスクトップに落ちて
メモと、写真からまず始めなくてはいけない。
ひとつやってひとつ崩していくしかない。

外部からの情報だけでもシャットアウトしたいと
白いイヤホンや赤いイヤホンで隔離したら
音の連想が膨らんでどれにも集中できなくなった。

何も考えたくないのに。



comment









trackback